抜け毛に悩む人々のため、当サイト管理人である私立ち上がりました。髪がどんどん減っていくストレスでさらに抜け毛が増えることもあります。抜け毛を防ぐにはまず頭皮環境の土台作りが必要です。基本である毎日の正しいシャンプー方法からおさらいしていきましょう。

薄毛になる抜け毛と正常な抜け毛について

最近では男性だけでなく、女性でも薄毛や抜け毛に悩む人が多くなっています。
抜け毛が増えてきたという場合、毛根の太さや毛先の状態をチェックしてみると良いでしょう。
正常な抜け毛は毛根がしっかりしており、再生力が残っています。抜けた髪の毛を見て付け根の毛根がマッチ棒のようになっているのは正常な抜け毛です。

毛根がない抜け毛は危険度が高いと言われており、早めに治療を行うことが大切です。
育毛剤だけではケアできないことも多いため、専門のクリニックに通ってみると良いでしょう。
また、毛根があっても10cm以内の抜け毛で太さがかなり細い場合は注意が必要です。
このような抜け毛は毛穴の内部がかなり弱っており、抜け毛が一気に進行する可能性があります。
しっかり髪の毛が成長しなくなってしまうこともあるため、効果の高いケアを行うようにしましょう。

抜け毛をチェックしたら毛根が白いので不安になったという人もいるかもしれません。
しかし、毛根が白い抜け毛は特に危険なものではありません。
髪の毛は成長過程で毛根からメラニン色素を吸収して黒くなっていきます。正常な抜け毛はメラニン色素が毛先に吸収されるため、毛根が白いことが一般的です。
逆に毛根が黒い場合は、髪の毛が成長途中で抜けている可能性があるので注意しましょう。

ちなみに、毛根に白い塊がついている場合は注意が必要と言われています。これは毛穴に皮脂や汚れが詰まっていることが考えられます。
皮脂の過剰分泌が原因と言われているため、頭皮のケアをきちんと行いましょう。放置すると薄毛などの頭皮トラブルに繋がる可能性もあります。

皮脂を落とすためにはシャンプーを使うことになりますが、あまり洗浄力の強いシャンプーは使わない方が良いでしょう。
洗浄力の強いシャンプーは強力な成分を配合しており、頭皮への負担が大きくなります。
また、皮脂を落とし過ぎると逆に皮脂の分泌量が増えてしまうこともあるので注意しましょう。毛根が細い場合は組織が弱っていると考えらます。
すぐに薄毛になるというわけではありませんが、髪の毛や頭皮をしっかりケアすることが大切です。

女性は加齢によって抜け毛が増えることもある

老化と聞くと50代後半や60代の人が悩むものだと考えている人も多いでしょう。
しかし、人の老化というのは30代から始まってしまうと言われています。老化が始まると肌や髪の毛に影響が出てきます。
髪の毛の成長が遅くなってしまうこともありますし、血管の老化によって栄養素をきちんと毛根まで届けられなくなってしまうこともあります。
それによって抜け毛が増えてしまうこともあります。

頭皮も肌と同じように加齢によってターンオーバーが遅れてしまいます。
そのため健康な頭皮環境を保つことが難しくなりますし、髪の毛の悩みが発生しやすくなるでしょう。
30代を過ぎたら普段のヘアケアだけでなく、抜け毛対策をきちんと行うことも大切です。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、頭頂部や額の生え際などの髪の毛がまとまって抜けてしまう症状です。
これは男性特有の症状のように感じるかもしれませんが、加齢によって女性でも発症してしまうことがあります。
これはホルモンバランスが乱れてしまうためであり、女性は年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。
そして、男性ホルモンが優位な状況になってしまうため、抜け毛が増えるようになるということです。

加齢による抜け毛はある程度は仕方ない部分なのですが、やはり気になってしまうという女性も多いでしょう。
髪の毛をしっかり育てたいと考えているならまず、十分な睡眠を取ることが大切です。髪の毛というのは寝ている間に成長すると言われています。
そのためできるだけ夜更かしはせず、早寝早起きを心がけるようにしましょう。
また、ストレスが過剰に溜まると頭皮の血流が悪くなってしまいます。そこでストレスを発散する方法を見つけておくことも大切です。