抜け毛に悩む人々のため、当サイト管理人である私立ち上がりました。髪がどんどん減っていくストレスでさらに抜け毛が増えることもあります。抜け毛を防ぐにはまず頭皮環境の土台作りが必要です。基本である毎日の正しいシャンプー方法からおさらいしていきましょう。

抜け毛予防のポイントについて

抜け毛はさまざまな原因で増えてしまうのですが、効果的な予防方法を知っておくことが大切です。
日常生活の中で簡単にできる予防方法もあるため、実践してみると良いでしょう。
抜け毛を予防するためにはまず、頭皮の健康を保つことがポイントです。そのために毎日のヘアケアを正しく行うようにしましょう。

抜け毛が気になるからといって洗髪をしないのは逆効果となります。
毛穴に皮脂が詰まってしまいますし、毛穴の炎症が起こりやすい状態になってしまうでしょう。
毛穴を綺麗にすることは大切なのですが、洗いすぎてしまうのも頭皮への刺激になってしまうので注意が必要です。
また、朝に洗うことも髪の毛や頭皮にはよくありません。

抜け毛を予防したいなら飲酒や喫煙を控えることもポイントです。飲酒をするとアルコールを分解するために栄養素をたくさん使うことになります。
それによって髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまうこともありますし、栄養不足が原因で抜け毛が増えてしまうこともあります。
また、喫煙すると毛細血管が縮小して頭皮の血行が悪くなります。

抜け毛を予防するためには栄養バランスを整えることもポイントです。
外食やファストフード、インスタント食品ばかりを食べていると栄養バランスが乱れてしまうので注意しましょう。
また、過剰なダイエットを行っている人も栄養不足になってしまうことがあります。
健康的な髪の毛を育てるためにはきちんと栄養素を摂取しましょう。

睡眠不足も抜け毛の原因になると言われており、抜け毛を予防するためにはきちんと睡眠を取ることが大切です。
夜は成長ホルモンの分泌が増えるため、髪の毛の成長には睡眠が欠かせません。
夜更かしをすると髪の毛がしっかり成長できなくなってしまうので注意しましょう。
現代社会においてストレスを全く感じることなく生活することは難しいとされています。
しかし、ストレスを溜め過ぎると髪の毛にも良くないため、上手く発散する方法を見つけておきましょう。

人間の抜け毛はどの季節に多い?

急に髪の毛がたくさん抜けるようになったという場合、季節やタイミングが関係していることがあります。
一般的に秋のタイミングで抜け毛が増えてしまうことが多いとされていますが、そのような人は夏の過ごし方に問題があると言われています。

夏になると汗をたくさんかくようになりますし、皮脂分泌が活発になるので頭皮に汚れが残りやすくなってしまうでしょう。
それによって頭皮に雑菌が繁殖しやすくなってしまうということです。
また、夏の間に強い紫外線を浴び続けることにより、髪の毛を保護するキューティクルが剥がれてしまうことも原因です。
さらに、夏バテで食生活が乱れてしまうことも抜け毛の原因となります。
さまざまなダメージが夏に貯蓄されることにより、秋のタイミングで髪の毛がたくさん抜けてしまうということです。

また、春先も抜け毛が増えやすい季節とされています。
春に抜け毛が増えやすい状態になる理由としては、季節の変化に合わせて体毛も変化するためと言われています。
人間も他の動物と同じように季節によって体毛が変化すると言われていますが、これは体温を調節するという役割があります。
進化の過程の名残として抜け毛が増えてしまうというだけなのであまり気にしなくても良いでしょう。

春になると花粉症などのアレルギーも増えますが、これも抜け毛の原因と言われています。
アレルギー症状が酷いとそれがストレスになってしまうこともありますし、ストレスが頭皮の毛細血管を委縮させ、髪の毛の成長を妨げてしまうということです。
季節による抜け毛ではないと感じた場合、AGAの可能性もあります。
AGAは成人男性に多くみられる脱毛症であり、日本で髪の毛の悩みを抱えている人のほとんどはAGAと言われています。