抜け毛に悩む人々のため、当サイト管理人である私立ち上がりました。髪がどんどん減っていくストレスでさらに抜け毛が増えることもあります。抜け毛を防ぐにはまず頭皮環境の土台作りが必要です。基本である毎日の正しいシャンプー方法からおさらいしていきましょう。

シャンプー後にはタオルドライを行ないましょう

抜け毛を防ぐためには、お風呂を上がった後のケアも非常に重要になります。
特に男性では髪の毛は自然乾燥させるという人も多いでしょうが、実は濡れた状態のまま放置していると頭皮に大きな負担をかけてしまいます。

私たちの髪の毛は、1本1本がキューティクルというバリアのような物質で覆われています。
髪の毛の中にあるたんぱく質や水分などが蒸発したり、外部の刺激から髪の毛を守る役割があり、誰でも自然に備わっているものです。
濡れた状態になると、このキューティクルは隙間が空いて開いた状態になってしまいます。
すると髪の毛に潤いを与えてくれている成分がどんどん外に逃げて行ってしまい、カサカサで弱い毛になるのを止められません。

カサカサになった毛は弾力も耐久力も大きく低下してしまうため、ちょっとした刺激でもすぐに切れたり抜けてしまうようになります。
自然乾燥させるということは濡れている時間が長くなるということであり、髪の毛が弱っていく時間が長くなることを意味します。
完全に乾燥した後でも弱った毛は簡単に復活できないので、毎日自然乾燥させるのは絶対に止めましょう。

また、濡れた状態は頭皮にとっても最悪の環境です。通常、水分が多く温度の高い場所では様々な種類の雑菌が繁殖しやすくなります。
頭皮は体温によって外よりも暖かく、そこが長時間濡れたままになっていれば雑菌にとってまさに理想郷です。
雑菌が増えれば皮膚の炎症や吹き出物など、様々な肌トラブルを引き起こしてしまい、頭皮の健康状態が悪くなってしまいます。
こうなると抜け毛を防ぐのは難しいので、できるだけ早く乾かすことが重要になります。

お風呂上りに素早く髪の毛を乾かすために欠かせないのが、タオルドライです。
髪の毛を乾かすならドライヤーでも良いと思われがちですが、髪の毛を保護するキューティクルは、熱に弱いという特徴を持っています。
長時間ドライヤーの温風に晒してしまえばキューティクルがどんどん剥がれ、ますます髪の毛を傷めてしまう原因になってしまいます。
これでは意味がないので、できるだけドライヤーを当てる時間を短くすることが大切です。

そのためにも、まずはシャンプー後にタオルドライをしっかり行い、頭皮の水分を早く乾かすことがポイントになります。
タオルドライの正しいやり方は、まず髪の毛の水分を全体的にざっと取っていきます。
他のタオルで拭き取るのも良いのですが、面倒な場合はお風呂から上がる際に手で軽く払ったり、長い場合は優しく絞ったりするだけでも十分です。
これだけでも、残った水分をかなり減らすことができます。

次に、タオルを頭皮に当てて根元の水分を取っていきましょう。
この時、ゴシゴシと力を入れる必要はなく、優しくタオルの上から抑えるだけで構いません。指圧マッサージを行うように、揉むような感覚で行ってください。

頭皮の水分が取れたら、最後に髪の毛に残った水分を取っていきます。
髪が長い人の場合は、タオルで両側から挟むようにしてポンポンとそっと叩き、拭いていきましょう。
この時、滑らせるように擦って拭いてしまうと摩擦でキューティクルが傷んでしまうので注意が必要です。絶対に擦らないように、そっと拭いていくのがポイントです。

このようにタオルドライすることで、余分な水分をしっかり取ってある程度乾かし、ドライヤーを使う時間を短縮することができます。
ドライヤーの熱さが気になる場合は、タオルドライで使ったタオルで頭を覆い、その上からドライヤーを当てると熱のダメージを軽減できます。

このように、抜け毛を減らすためには頭を濡れたまま放っておかないことが非常に重要です。
普段は何気なくざっと水分を取るためにしているタオルドライにも、大切な役割があることが分かります。
頭皮の環境を健康に保つためにも、毎日正しくタオルドライを行うようにしましょう。